CZ100SのTennisTopia SPEC-0→Ⅲを承りました。
この機種のスペック選択画面には0とⅠしかありません。
元スペックが低いため、Ⅱ,Ⅲ化には無理があるためです。

どうしてもとのリクエストにお応えしました。

何が無理って?
仕込むべきウェイト量が半端じゃないですから。

フェイス部はなんとか見てとれないよう仕込みました。

しかしグリップ部がくせものでした。
私的に上限の位置より上まで仕込んでも予測は306mm。
306mmって、超トップライトです。

これなら良いかなと仕上げました。
しかし完成品を振って見て『うん⁇』
小学生が使うには、ヘッドが重い!

320mmでもトップライトに感じるSPEC-Ⅲがあります。
なのに306mmでトップヘビーに感じるわけです。

私が常に言っているアレです。
「バランスは数値じゃない!」
「バランスはウェイトの位置だ!」

やり直しました。
エンド端に集中的に移設しました。
結果は304mm。

2mmで劇的に軽くなりました。
静的バランスのマジックです。
しかし当然と言えば当然です。

ラケットってスロートを中心にギッタンバッコンする道具ではないからです。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事