テニストピアSPECラケット

こんな悩みはありませんか?

check_alt_72px_1119800_easyicon.net 本番に弱い
check_alt_72px_1119800_easyicon.net ナーバスになると全然振れなくなってしまう
check_alt_72px_1119800_easyicon.net 大事な場面になると失敗してしまう
check_alt_72px_1119800_easyicon.net 相手のボールに撃ち負けてしまう

 これらは軽いラケットを使っていることに原因がある場合が多いです。

軽いラケットは振り出すタイミングにシビアな調整を要求されます。

重たいラケットは無造作に振り出してもうまく打つことができます。

適切な場所への加重で振りやすくスイートエリアも広くなる

もちろん重くすれば良いというものではありません。
加重する場所によっては振りづらく打球感も全然ダメということもよくあります。
何度も検証を重ねて最適な加重ポイントを発見し、それをテニストピアSPECと名づけました。
うまくチューンナップされたラケットは重たいのに重く感じません。
適切な場所に適切な加重をしてあげることで、安心感のあふれる振り心地となります。

黄金スペックはベストではありません

一般的に重さ300g 静的バランス320mmのラケットが

『黄金スペック』として売れ筋ラケットとなっています。
確かに初心者から上級者まで老若男女問わずにおすすめしやすいベターなラケットですが、ベストとは言えません。
当店のアドバイス付き試打サービスを受けたテニス歴1、2年のお客様が、こっそり混ぜておいた張上がり340〜350g以上のテニストピアSPECのラケットを一番打ちやすいと評価するケースは結構多いです。

puredrive

3つのスペック帯から選ぶことができます

テニストピアSPECはお客様のご希望に合わせて選んでいただけるように、3つのスペック帯を設定しています。

  • テニストピアSPEC-Ⅰ ツアー系がない機種を、315g帯に設計
  • テニストピアSPEC-Ⅱ ツアー系では物足りない方に、326g帯に設計
  • テニストピアSPEC-Ⅲ トーナメント志向の強い方に、336g帯に設計

これらのスペックを使用した後に、再調整でスペックアップやスペックダウンすることも可能です。

現在のテニストピアSPEC適用可能ラケット

  • バボラ
    • ピュアドライブシリーズ
    • ピュアアエロシリーズ
    • ピュアコントロールシリーズ
  • スリクソン
    • X2.0シリーズ
    • V3.0シリーズ
    • 98D
    • 100S
  • ウィルソン
    • プロスタッフ97
    • プロスタッフ97S
    • BURN FST95
  • ヘッド
    • ラジカルシリーズ
    • スピードシリーズ
  • プリンス
    • ツアー98XR-j
  • ブリヂストン
    • X-BLADEシリーズ
  • テクニファイバー
    • T-FLASH
これ以外にも加工可能です。
順次リストを増やしていきますのでお問い合わせください。

当店のチューンナップの特徴

racket1

1、チューンナップに適したラケットをセレクトします

ラケットのメーカー公表スペックは平均値なので、重量は最大で15gのばらつきがあります。
当店では合計300本以上を誇るラケット在庫の中から、テニストピアSPECにふさわしいラケットをセレクトします
もし店頭在庫にふさわしいラケットがない場合は、複数本取寄せてから作業に入ります。
※取寄せ可能な現行モデルに限ります。

2、元のスペックに戻せます

最近のラケットや他店のチューンナップにはエンドからシリコンを注入して重量を上げるという手法が取られている場合があります。
出口をシリコンで塞いでしまうことになるので、フレーム内部にバリや砂が入った時に除去することが不可能となってしまいます。
また、シリコンは低比重で流動的な物質なのでピンポイント加重ができません除去するのも大変困難な作業となります
当店では独自技法を開発し、より精度の高いチューンナップを実現するとともに、元の状態に戻すことが可能です。
チューンナップしたものの、やっぱり元の状態に戻したいという場合にも対応できます

racket3-1
racket2

3、仕上がりの美観にもこだわります

グリップ内部へ加重する際に、元の握り心地と遜色ない状態に仕上げるのはもちろんのこと、トップ部分への加重もバンパー内に重りを仕込むので、外からはチューンナップされたラケットということは解りません
「打ちやすければ見た目はどうでもいい」とは正反対に、見た目も精度にも徹底的にこだわります

 

今すぐご購入はこちらをクリック

お客様の声

VXR-300テニストピアSPEC-IIIver.2お買上げのお客様

さっそく本日使ってみました。
心配していた重さは、持ってみると今まで使用していたラケットよりは重量感がありましたが、プレーしてみると全然気になりませんでした。
ラケットの重みで適切なスイングが誘発されている様で、ミスも減りましたしボールの伸びがすごいです。
少ない力でここまでボールが気持ちよく飛んでいく感じは、今まで感じたことがありません。
不快な振動はまったく感じないので、今まで必ず使用してきた振動止めは必要ありませんでした。
思い切って「SPECⅢ」にして良かったと思っています。
本当にありがとうございました。

 

REVO CV3.0テニストピアスペックⅢをご購入のお客様

1か月使用した感想を送らせていただきます。
毎週末10日間約30時間程度の使用となります。

まず40歳後半に入る私に335gのテニストピアスペックⅢを使用することができるかやはり不安でした。
体格や体力的なことはごく普通の中年並みですが、上手くなりたい、いいショットを打ちたいという願いを道具の助けでなんとか少しでも良くなればと言う思いでテニストピアさんに依頼しました。

スリクソンREVO CV3.0は知人がノーマルを持っていたためある程度の感触はつかめておりまして、中厚フレームなのに食いつき感があって、早速購入しようと思っており、この新製品をテニストピアスペックならば更に良いラケットになるのか、一度試してみようと思いました。

そして最初に感じたことは、これで335g?まったく重くない!というのが印象でした。
重く感じないということはブログで書かれていたので本当かどうか不安でしたが、この表現は間違いありませんでした。
知人のCV3.0はノーマル+バランサーで310g程度でしたが、明らかに知人のラケットが重く感じ、テニストピアスペックⅢの方が振り抜きも良く操作性も上です。

そして今回はおまかせポリガットを張って頂き、肝心の打感ですがスイングスピード上げれば上げるほど食いつき感が増し、深く落ちるボールが行く確率が上がりました。
もちろん競技者ではないので常にそのようなボールを打てるわけがありませんが、今までより良いボールが打てる確率が上がったのは間違いないと実感しています。

そして最も恩恵を受けたのはリターンの時です。
とくに相手の速くて重いフラットサーブをブロックリターンで返球できる確率が上がりました。
面の安定性なのでしょうかオフセンターでもリターンできるのが私自身とても助かっています。

普段シングルス中心に練習しており、中年おじさんでもラケットの助けを借りることによって、楽しくプレーすることができております。
良いことばかり書いていますが1点だけ、サーブのスピードが上がらず、逆に落ちたかもしれないと感じています。
元々サーブは不得意なので余計にそう感じるのかもしれません。

最後にガットのことですが、ポリを1か月使いましたが、まだまだ感触良く使わせて頂いてます。
普段ポリを1か月使用しますと飛びが悪く腕への衝撃も強くなるのですが、テニストピアさんの張りはさすがです。
張りたてからは多少硬く感じてきましたが、過去に同じポリを使用したことがありましたが、打感と食いつき感はテニストピアさんの張りはすばらしいです。

 

CX2.0ツアー・ケビンアンダーソンモデル テニストピアSPEC-III お買上げのお客様

さっそく本日使ってみました。
心配していた重さは、持ってみると今まで使用していたラケットよりは重量感がありましたが、プレーしてみると全然気になりませんでした。
ラケットの重みで適切なスイングが誘発されている様で、ミスも減りましたしボールの伸びがすごいです。
少ない力でここまでボールが気持ちよく飛んでいく感じは、今まで感じたことがありません。
不快な振動はまったく感じないので、今まで必ず使用してきた振動止めは必要ありませんでした。
思い切って「SPECⅢ」にして良かったと思っています。
本当にありがとうございました。

 

REVO CX2.0テニストピアSPEC-Ⅰ お買上げのお客様

本日早速使用してみました。重さの割に振り抜きが楽に出来、勢いのあるボールを打つことが出来ます。ボレーのコントロールも良く大変気に入りました。

 

ピュアアエロツアーテニストピアSPEC-Ⅱ お買上げのお客様

本日、届きましたので、早速、使用してみました。非常に打ちやすく、感動しました。バボラは飛びすぎるきらいがあったのですが、気持ちよく振り切ることができました。

 

今すぐご購入はこちらをクリック

 

テニス専門店テニストピア
店長 増田仁孝

テニストピアSPECは、プロスペックを単に真似たものや、思いつきで企画したものはありません。
元々は、ジュニア育成選手のために始めたラケットのチューンナップでした。
ジュニア育成選手のために繰り返した、SPECアップの研究でした。
何度もチューンナップを繰り返して、数値と加重部位を確かめてきました。

それが全国のお客様の目に止まり、より一層、腕を磨かせて頂きました。
元スペックのばらつきや希望値との隔たりの大きい複数本揃えに難儀しましたから。

それらの結果として生まれたのがテニストピアSPECです。

チューンナップは一度でピッタリといくものではありません。
何度も試行錯誤を重ねて自分に合ったスペックを探していくことになります。
テニストピアSPECでもそれは例外ではありません。
しかし、多くのお客様から一度で絶賛の評価をいただいています。

吊るしの状態では満足いかずにスペックアップを考えている競技者志向の高い方にはもちろん、軽いラケットじゃないと使えないという先入観を持っている小中級者の方も是非一度お試しください。

work2

2016/09/10