チューンナップ

ラケットは張っただけでは未完成

ラケットのわずか数グラムや数センチの重さ、バランスの差でミスが増減します。

  • 同じラケットを買ったはずなのに、何か違う。
  • オーバーグリップや振動止めをつけたら調子が変わった。

こんな経験はありませんか?
ラケットは同じ機種でも数グラム数センチのバランス差があり、せっかく同じラケットを揃えていてもバランスが同じでなければ意味がありません。

バランス調整

tune6

「フレームの重さ、静的バランス、動的バランスを専用の器具で計測しご希望のバランスに調整いたします。
どの部分にどういった方法で重りを調節すれば希望通りのバランスにできるかというのは、長年の経験とラケット構造の知識で成せる職人技です。

  • 同じラケットをぴったりバランスを合わせたい。
  • 気に入っているラケットと同じバランスに合わせたい。
  • 軽いラケットを重くしたい。
  • 重いラケットを軽くしたい。

というご希望があればご用命ください。
※サイズ変更や長短尺化には,調整費用は含まれています。
※0.1g,1mm,1kg:cm2の精度で調整することも可能です。
この精度をご希望の場合はウレタンの部分切削を要します。

バランス調整のご依頼はコチラ

グリップの長さ・太さ変更

tuneup2
tuneup3
tuneup1
tuneup4

グリップを成型をできる工房まで併設しているので、グリップを一から作り直すことができます。
グリップを長くしたり短くカットしたり、太さを変更したりも可能です。
専用の高品質ウレタンで成型いたしますので、メーカー製造のものと遜色ありません。

ロング加工のご依頼はコチラショート加工のご依頼はコチラグリップサイズ変更のご依頼はコチラ

レザーを巻き上げてのお渡しとなります。
※ショート加工を除き、レザーが必要です。
※レザーが古い場合、ショート加工でもレザーが必要です。
グリップ1、HEAD型、Prince型、YONEX型は\500-増となります。