【ショップ】ピュアドライブSPEC-Ⅲテニスセンサー対応仕様

ピュアドライブSPEC-Ⅲテニスセンサー仕様です。
今回、装着テストをしたので、仕上げは完璧です。
全長補正2mmも施工していますが。

従来、SPEC-Ⅲ化にはツアーを推奨していました。
しかし今季、ツアーのスウィングウェイトが低いです。

となると、ピュアドライブからの方がよい?
試打用をチューンナップして検証しました。

正解であることが、つい最近判りました。
FRP一体成型の鉄板の位置と量から、そうなります。

低スウィングウェイトのラケットへの加重は大変です。
バンパーより下は、旧仕様ではレッドテープはみ出しがありました。
しかし一年前から、それは克服しております。
よってピュアドライブからでもTTS-Ⅲ化は可能です。

本革仕様はグリップ全体が10g程度重くなります。
よって、エンド端への加重効果が半減します。
それでも、従来品より約5mmの低静的バランスを実現しました。

元スペックの関係で、加重量さえ許容できる範囲なら、ピュアドライブからのチューンナップは、低静的バランスが実現します。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事