月火と兵庫国際Jr.に同行していました。
泊りがけの甲斐なく‥

みなみは初日に、3-6 2-6で終わりました。
萌百子は初日、6-2 6-3で勝ちましたが、今日0-6 3-6で終わりました。

手付かずのままの大阪サマーJr.の問題点を抱えて、更にオムニからデコターフⅡへの対応不十分でのこの大会は、多くは望めませんでした。

みなみはアンフォーストエラーの嵐で予選1Rで負けました。

萌百子の予選1Rは、試合直前に会場コートで指導した高い球の強打とサーブが吉と出ました。
大阪サマーJr.から問題化したレシーブはそのまま足を引っ張りましたが、相手サーブ不調で乗り切りました。

しかし今日はサーブも不発。
『違うだろう〜!この〇〇〜!』と叫びたくなるほどレシーブは極悪化していました。
更に高い打点からの強打も今日は大きく間違っていました。

パット見の観客の目には、どこがNG?
園児から見ている私には、絶対NG!
そんな打ち方があります。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事