【スクール】スーパージュニアが終わりました

1c179b

角矢安鳩方の初ワールドスーパージュニアは終わりました。
チャンスの大きかったシングルスなのに
67(5) 36で一回戦で負けました。
第5シードに当たったダブルスとは言え、
パートナーと全く噛み合わずに負けました。

シングルスの反省は色々ありますが、サーブです。
サーブの指導を最も得意としているコーチなのですから、
早く開眼してもらいたいものです。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事