ピュアアエロツアーVSツアーのTTS-IIIの注文を早々にお受けしました。
そこで、試打用に急きょ臨時加重して検証しました。
テニストピアSPEC-III化に最適と書いた責任がありますから。

計算して加重して、ピュアアエロツアーTTS-IIIと打ち比べて、あれ?
明らかにピュアアエロツアーより見劣りする!
フレックスが違うから、同じ打球感であるはずはありませんが。

しかし重量計算違いを疑い、測定してみました。
スウィングウェイトがわずかに不足しています。
再加重してコートへ‥

3球打って‥
おおーっ、いける!

ストロークはベースライン深くまで突き刺さり、
ボレーはフレームショットをカバーし、重さは決して操作性の足を引っ張らず、
サーブはフラットも回転系も両刀において、失速を感じる部分もなく、

ピュアアエロツアーTTS-III使いのジュニアのみなみに3分間打たせてみました。
アンフォーストエラーが課題の彼女ですが、ノーミスで入りました。

これは圧勝で、ボックス形状のTTS-IIIを代表してきたCX2.0に取って代わる存在です。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事