【ショップ】2017CX2.0とそのTTS-Ⅱ考察-2

前記事をひとつ修正します。
新CX2.0は、前作同様52ポンドは硬過ぎました。

剛性UPしたとは言え、柔らかいラケットです。
やはり面圧を高めるとシャフト部が負けます。
TennisTopia SPEC-Ⅱもそれは同様です。

試打用を即刻二回張り替えて検証しました。
更に張り替えて精査するつもりですが‥
硬く張りたい人はパスした方が良い機種だということを、第二報として申し上げておきます。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事