ショップ情報

【ショップ】ラケット二本揃えのクレーム

ラケットの二本の使用感をピッタリ揃えるテーマについて追記します。

重量と静的バランスを揃えただけでは、全く別物である場合があります。
その原因が動的バランス(スウィングウェイト)です。

簡単に言うと‥
スウィングウェイトとは、フェイス部の重さです。
静的バランスとは、フェイス部の重さにグリップ部の重さを調整した物です。

これをもっと簡単に説明ます。
クラスでシーソーで釣り合うゲームをするとします。
シーソーの一方をT席、他方をG席とします。
それそれに前席と後席があります。

T席に誰かが座ります。
G席に釣り合うように誰かを選んで座らせます。
T席の子が重いまたは後席に座れば、G席も重い子または後席に座る必要があります。

この際
G席の子が軽過ぎては、後席に座っても釣り合いません。
G席の子が重過ぎては、前席に座っても釣り合いません。

ラケットは製造上、次のようにバラツキます。
フェイス部のFRPが全体的に重くなったり軽くなったり。
フェイス部のFRPの先端が重くなったり軽くなったり。
フェイス部のFRPの下部が重くなったり軽くなったり。
シーソーで言う、T席に座る子の体重と位置のバラツキです。

軽量ラケットとはどんなラケットでしょう?
フェイス部はガットの荷重に耐えるため、軽量化は限界があります。
シーソーで言うと、G席に空席〜軽い人を座らせます。

競技ラケットは、どんなラケットでしょう?
フェイス部を重く作ってあります。
グリップ部も重く作ってあります。

TennisTopia SPECは、どんなラケットでしょう?
フェイス部をより重く調整します。
グリップ部も重くorエンド端を重く調整します。

これらの特質を数値化した物が、3スペックですが!

テニスラケットとは、静的バランス測定のように、スロートを中心にシーソーのような振り方をして使う道具ではありません。
また、スウィングウェイト測定のように、グリップを中心として左右に首を振るような使い方をする道具ではありません。
背骨を中心に、あるいは肩を中心に腕と一体になって振る道具です。

そんな現実離れした測定方法でしか、ラケットの特性を数値化できないのです。
しかしこの3スペックを合わせてあげたらだいたい同じ使用感となります。
しかし3スペックだけでは、ラケットは語れません。

同じ3スペックに対して‥
フェイス部に貼るレッドテープは、何cmをどの位置に貼るかが、何百何千通りとあります。
グリップのウェイトは、何gをどの位置に仕込むか、何百何千通りとあります。

さて、ここで、こう語っている店員がいたら?
『一回のチューンナップで、ラケットの使用感はピッタリ揃いますよ』
それは、ホラ吹きです。

このことは、幾度となくブログで述べています。
WEBサイトにも書いてあります。
チューンナップ報告書にも書いてあります。

当店はその難題の限界に挑戦します。
時として、FRP一体成型のウェイトまで調整します。
当店ほどにその限界の高い店は、他には無いとさえ思っています。

それでも少し違った場合に‥
投げ出さずに、できる限りの努力をします。
何度でも再調整に挑みます。

ここに、クレームのフィクションを語ります。
次のようなドラマがあったとしたら、その瞬間、私の努力する心はゼロになります。

一回のチューンナップでピッタリ揃うものでは無いと語っていることを『無責任だ』だとののしる。
アフターサービスとして『無料で調整するきだ』とせまる。

どっちか無責任でしょうか。
一回のチューンナップでピッタリ揃うと語ってる人の方が無責任極まりない人です。

チューンナップに欠陥があったのなら、無料で修復します。
納期は2週間は見てくださいとしていますが、2週間以上かかったりしたのなら、サービスもご提案します。
しかし、欠陥でもないのに、無給で作業する気はありません。

私はこの仕事でご飯を食べています。
ラケットを入念に仕上げたプロに対して、無料でやれとは‥
こう言っていることになります。
「お前の仕事は欠陥品だ!」
「飯を抜いて作業しろ!」

まぁ、
一回くらい欠陥品だと罵られても我慢しましょうか?
一食くらい抜きましょうか?

しかし、こう決意することは必至です。
「このお客様のチューンナップは二度と承らない!」

念のため申し上げておきます。
ここに書いたのは、前記事のプロスタッフ97のお客様のことでは決してありません。

TennisTopia SPECから数gいじるだけの微調整は格安に料金設定しております。

-ショップ情報

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでテニストピアをフォローしよう!