キッコーマン‥
力んで拮抗筋が縮んでミスを多発する。
そんな人のことを、私はこう呼んでいます。

大阪Jr.冬季大会U17単SFに臨んだみなみでしたが‥
みなみは、自分の拮抗筋を相手に戦う時がしばしばあります。
今日もそれだったに違いありません。

フレームショット多発。
ネット多発。
それも絶好の場面で皆勤賞もので。

だれでもそうなる場面はあるはずですが‥
みなみはスイッチが入ると、全編そのまんまを貫きます。
2-8で3位に終わりました。

今日は、みなみのために、真剣に悩みました。
ウチのペットのうんちを握らせて振り動作をさせようか。
強く握るとビリビリ来るグリップを考案しようか。

大阪Jr.春季大会のある三月までに、特訓を考えます。

みなみの隣は見学に来た小3育成コース生です。
英翔(ひでと)ですが、私はエイトマンと呼んでいます。
見学の教訓として、こう言い聞かせました。

『君はエイトマンで居続けろよ!』
『キッコーマンにはなるなよ!』

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事