ピュアドライブツアーTTS-Ⅲ大実験-2で書いた使用感は最大値ではありませんでした。

静的バランスを下げ過ぎでした。
軽いラリーでは満足していたのですが‥
高3選手育成コース生とのラリーで判りました。

エンドキャップ直近から2g減量してみました。
その分、レザー止めバンドを復活しました。
同上のラリーで、改善を認めました。

しかしなぁ‥
高静的バランスだった時の加速感が懐かしい!
エンド端加重とテニスセンサーが相まって、静的バランスを下げ過ぎているはずです。

しかしなぁ‥
エンドキャップを外す手間すら惜しい!
お客様のチューンナップが殺到しているからです。

それとなぁ‥
エンドから摘出する数gをどこへ持って行くべきか??
TTS-Ⅲは336gと決めているからです。

当初は、グリップ上部の鉄板が憎っくき敵でした。
だから、静的バランスを極限まで下げてみたかったのです。

しかし、やり過ぎてこそ、よく解る!
そういうものです。

お客様は、こんな風に再調整と試打を繰り返せません。
だからこそ私は、実験を積み重ねる必要があります。
再調整の相談メールでの一言と、ノウハウと術式とがうまくリンクするように。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事