試打用をお借りしました。
張られていないため打てていません。
張られたのを借りれた店もあるようですが。

なのでスペックを確かめただけです。
スウィートエリアがトップに広がったことは未確認です。
発表会での試打会は急いでいたためパスしましたから。

スウィングウェイトを上げていない模様です。
なのにスウィートエリアがトップに拡大した理由は?
ストリングパターンだけではないはずです。
合成分布を見直してモード解析がなされているのでしょう。

もし、そうならスペックアップは不要かも知れません。
TennisTopia SPEC-ⅢファンもⅡやⅠでOKかも知れません。
結論は試打用で実験を繰り返してからになります。

多数試打用を実験に使うには多数発注しなければなりません。
最低セットにするか多数セットにするか‥
そこが悩ましいです。

ケビンモデルも悩ましいです。
前々作が優に300kg:㎠超でした。
それに惹かれて前作を大量発注して困りましたから。

いつも大量に発注するか否かはバクチです。
本当は多数の試打用を実験するのは理想ですが。

新ピュアアエロは消極的に発注していて失敗しました。
高スウィングウェイト揃いでしたから。
慌てて手配してTennisTopia SPEC-Ⅲファンからの大量受注をなんとかこなしましたが。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事