XブレードBXシリーズが今月発売されます。

試打用を打った感想を書いておきます。
BRIDGESTONEは、いつもいち早く営業担当が持ってきてくれます。
コートのある専門店の強みです。

しかし今回、一通り打って‥悩みました。
どれも発注する気が起こらないからです。
簡単に言うと、しなりもせず、弾きもしないラケットです。

以前は最高スペック機種には納得できたのですが。
その最高スペック機種が年々スペックダウンしています。
310gは無くなる。95平方inchは無くなるですから。
前作のような高スウィングウェイトでもなくなる?

シェアの低いメーカーの宿命でしょうね。

CX200シリーズは低スウィングウェイトでも、しなりを感じたのですが。
このままでは発注0査定⁈

私はチューンナップルームに走りました。
やはりスウィングウェイトが低い!
その場でカスタマイズのトップバンパー装着数値に臨時スペックアップしてみました。

コートに戻って打ってみたら、しなりと球伸びを感じることができました。
このラケットは、ヘビーバンパー装着で売ることを前提として、発注しました。

ヘビーバンパーでない場合‥
お客様の落胆の顔がはっきり浮かびます。

この発見も、コートのあるだけでなくチューンナップに強い専門店の強みです。

もちろんTennisTopia SPEC-0やⅠ化した方が静的バランス的には良いはずです。
TennisTopia SPEC-Ⅲ化については、CX200同様、頭を痛める存在です。
CX200は、TennisTopia SPEC-Ⅲ化をほぼ手なづけましたが。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事