クラッシュ100ツアーのTTS-Ⅲを検証しました。
低元スペックながら、過加重による不快な振動は発生しません。
そしてスピンはめっちゃくちゃ掛かります。
不自然と言えるほど掛かります。
フラットは球伸びが顕著です。

しかし両者の深さのコントロールが難しいです。
スピンがネットを超えてすぐに落ちる程度が、イメージをはるかに超えています。
相手は驚異でしょうね。
自分に理解できないなら、相手にはもっと理解できないですから。

しかしその作戦は半分は夢に終わりそうです。
TTS-Ⅲまでスウィングウェイトを上げるのは技術的に難しいからです。
グロメット形状と元スウィングウェイトが壁です。

このラケットは、やはり、TennisTopia SPEC-Ⅰを上限と考えるべきでしょう。
不自然なではない範囲で、高性能となります。

TennisTopia SPEC-Ⅰでも、十分伸び感がプラスさられます。


スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事