これ何でしょう?


今年のプロスタッフRF97,97CVレーバーカップのエンドキャップです。

右が今年のレーバーカップのもの。
左が標準仕様の赤の本体を黒塗装したもの。
なんでこんな加工が必要?

これのRF97TennisTopia SPEC-Ⅲを多数承りました。
9月分の受注終盤G3→G2加工を余儀なくされました。
これはウレタン再成型を要するため、元サイズは問いません。
しかしエンドキャップがネックです。

今年のはエンドキャップも限定色です。
それを克服したのがこの加工です。
元より綺麗かも知れません。

なお、普通の塗装ではすぐに剥がれます。
そこは、一定の工夫済みです。

チューンナップルームにレーバーカップがズラッと並んだ時は、気が重かったです。

ウレタン再成型はチューンナップの足を止めます。
なので、別のラケットと同時進行となります。
カルテが3枚4枚机の上に重なると、頭が混乱します。

10月にもプロスタッフRF97だけ追加入荷します。
また、気が重くなるのは覚悟しています。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事