本革はTTS-Ⅰではご法度! TTS-Ⅲでもご用心!

このことは何度も書いています。
通常、本革に巻き替えると静的バランスが下がります。
TTSは、本革仕様にすると静的バランスが上がります。

先日のウルトラツアーTTS-Ⅲ+α二本揃えのお客様の例を紹介します。

重いとのご相談がありました。

まず、TTS-Ⅲ+α→通常TTS-Ⅲ化やストリングの軽量化をお試し頂きました。
結果、思わしくなく、スペックダウンの検討に入りました。

通常のスペックダウンの受注なら、そのまま下げます。
しかし、ご相談を受けた場合、私はTTS-Ⅲに拘ります。
やはりTTS-ⅢとⅡでは、その感動部分の差が大きいですから。

私は本革→シンセティック化の調整をお薦めしました。
結果、劇的に静的バランスが下がり気に入って頂けました。

二本目も同様の調整を打診されました。
私は+αのままでのシンセティック化をお薦めしました。
結果、軽くてパワーもあり、こちらを気に入って頂きました。

+αは+2kg:㎠が基本です。
ケースによっては+3kg:㎠や+4kg:㎠もありますが。
それでも、シンセティックなら先軽感を享受して頂けます。

なおTTS-Ⅰでは、最初から本革はご法度であることをお伝えします。
TTS-ⅡやTTS-Ⅲでは、先重がお好きな方もいらっしゃるでしょうから、門前払いは差し控えています。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる