2012年1月28日トヨタJr.大阪予選に三人が挑みました。
といっても、試合をしたのは、佃紫帆紫帆と吉村萌百子の二人。
勝間みなみは前日インフルエンザになり欠場です。

紫帆は田村杯でつまづいたサーブとレシーブはずいぶん改善し、よく頑張ったものの、6-5から勝ちを意識した消極策で6-8と惜敗。
萌百子は2-0と好スタートを切ったものの、アウトをアウトと言えない基本的な部分での負けが全体を支配して、3-8でした。

私は、iPadでスコアを付けながら、脳裏の指は二週先の全国選抜関西予選に向けてのレッスン計画を綿密に描いていました。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事