【スクール】関西ジュニア-8

関西Jr.複SFにU12の鈴蘭と、U14のみなみ・萌百子が挑みました。

image

鈴蘭は、まだロブ攻めマッチの後遺症が癒えず、苦しんで6-2,6-4でした。
1,2Rのシャープなストロークはあれ以来消滅しました。
デコターフにおいては、ロブ子は強烈な強毒性戦法です。
今日明日の球出し薬が、効くことを祈ります。

image

みなみ・萌百子は、まるでダメで、0-6,2-6でした。
こんな間違いだらけのダブルスでよくぞ三位までたどり着いたものです。

思えば、間違いの起源はいっぱいあったよな!
みなみのラケット選び迷走によるフォア偏重レッスン。
萌百子の春の大阪Jr.事故遅刻後のメンタル低下。
萌百子姉の菜那子引退によるダブルス指導削除。

全日本Jr.までの日数は、私を救世主にするか否かギリギリです。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事