【ショップ】タッチデュラ

話題のキルシュバウムのNEWストリングです。
《以下はコスモジャパンの宣伝引用です》
タッチデュラ
¥2,800 + 税
ゲージ: 1.25㎜、 1.30mm
カラー: ナチュラル
長さ:   12m
素材及び構造: ポリアミド繊維を主原料として、特殊な熱加工処理(サーモ・フィックス製法)を施した3本のセンターコアと太さの異なる巻糸をスパイラル状に配したユニークな構造。 コントロール性能と耐久性(ロングプレー)を重視したモデル。 抜群の操作性(打感)を誇り、まさに3拍子揃った2017年の新製品。 更にこのモデルはハイブリッドとしての活用も効果的である。

 

《以上引用》

張って試打してみました。
試打台に選んだのは新CX2.0TennisTopia SPEC-Ⅱ。

剛性UPしたとは言え柔らかく、ポリでは振動が気になるラケットです。
しかしマルチではポリの相手に打ち負けが心配です。
「これにピッタリなストリングは?」はテーマでした。

良いです!
キャッチコピーをつけるなら‥
“ポリほど派手じゃなく、マルチほどおとなしくない”

強打すると、カーンと高い打球音が気持ち良いです。
しかもそれはハッタリではなく実際飛んでいます。
バウンド後の伸びがそれを証明してくれます。

カーンと高い打球音なのに振動が無いです。
ボソッとした打球感で振動が無いのはたくさんあります。
ポリに慣れた私は、それはイヤなんです。

もちろんナイロンですから、スピンを掛けるとよじれます。
ズレ直しは、スピンの宿題としてついてきます。
しかしマルチのような、それ毎の磨耗の気兼ねはありません。
耐久性は未確認ですが、表面硬度の高さを感じます。

マルチではないナイロンにこれはと思う魅力に出会えない昨今。
これは味のあるストリングです。

で、CX2.0にお薦めのストリングが一つ決まりました。
他の BOX形状のTennisTopia SPECにも合うのではないでしょうか。

画像を入手しました。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事