マイピュアドライブ2018TTS-Ⅲを大改造の実験をしました。

改造は四点です。
①G2→WILSON型G3ウレタン再成型
②取り残したグリップ内臓ウェイトの摘出と移設
③SRIXONSTA2600巻き上げ
④HEADテニスセンサー対応化

なぜSRIXONに巻き替えたか?
理由は二つ。
①グリップ下端加重効果の極限的実現。
②元G2にどれだけ近づくかの検証。

重量とスウィングウェイトは同じです。
しかし静的バランスは5mm下がりました。
結果、持ち感と振り感は劇的に軽くなりました。

さて打球感は?
実に軽快です。
前は前作より先重感があったのですが。
張上り,グリップテープ付366.5gあるとは全く思えません。

少しあった不快な振動が消えました。
これは嬉しい誤算でした。
振動モードが変わったのでしょう。

ボールの伸び感は明らかに減りました。
静的バランスを下げ過ぎたのでしょう。
改造前の先重感は、強烈な伸び感をもたらしていたので。

実験の目標は、振り感軽量化の限界探索でした。
これを元に、伸び感増長の実験を続けます。

HEADテニスセンサーはラジカルMP登録のままです。
全ショット打ちましたが、不審なデータは出ません。
膝の手術による筋力低下未回復の私のサーブは140km/h台が限界です。
見事にラジカルMPのデータと同じでした。

ちなみに長男は167km/hを軽く叩きました。
バランスを改善したら170〜180km/hも出せるのでは?

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事