大阪サマーJr.U11に同行しました。
みなみ(高3)萌百子(高3)がジュニア選手育成コースを卒業した今、この子達はまさにテニストピア次世代選手です。

小規模スクールですから、コンスタントに世代は繋がりません。
奇しくも、U18の次がU11です。

みなみ,萌百子も同期のジュニアも、こんな風に父兄と記念撮影したところからスタートしました。

またここからスタートします。
しかし、自分の年齢を考えると‥
これは、最後の再スタートかも知れません。

この三人を世に出せないなら‥
私の晩年は、無名のまま終わる。
その覚悟で臨みます。

この布陣。
生半可ではありません。
名だたる整骨院の院長のご子息。
ジュニア指導に精通したコーチのご子息。
自転車指導のあまりの厳しさに警察官に注意され、家を本校近く新築して来られた、熱血お父さんの長女。

ここまで揃った育成条件は、私への果たし状です。
受けて立ちます。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事