ピュアドライブは前記事と対比させると面白いです。
ツアーvs非ツアーTTS-Ⅲ

非ツアーTTS-Ⅲのスウィングウェイトはずっと高いです。
非ツアーTTS-Ⅲの静的バランスはずっと低いです。
そして、持ち感, 振り感は非ツアーTTS-Ⅲの方が軽いです。

静的バランスから見れば、プロスタッフRF97ほどミラクルさは感じないでしょう。

今期のピュアドライブツアーは先重です。
重っ!
と感じる場合があります。

その点から、TTS化も非ツアーからに切り替えました。
非ツアーが高スウィングウェイトの物が入手可能になったからでもあります。

このblogに書いております記事は、ほとんどTennisTopia SPECと比較したら?を書いております。

決してノーマルをけなしているのではありません。
私はTennisTopia SPECを知ってしまっているから仕方がないのです。
無回転寿司を知ったら回転寿司では満足度は下がります。

しかし、“吊るし”はヘイトスピーチかも知れませんね。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事