本校元選手育成コース生の角矢安鳩方プロが引退しました。

食べていけるかどうか分からないからやめておく。
怪我したらおしまいだからやめておく。
それは世間大多数のプロの道への考え方でしょう。
正確に言うと、本人ではなく親の大多数ですが。

しかし、私はそうは思いません。
そして、安鳩方プロは限界までチャレンジしました。

この世に人として生を授かり、限界に挑戦するもっと前に、頃合いの安全な道を選んだ人生の何がおもろいねん!

こう書くと、この言葉が返ってきます。
「コーチは他人だから無責任にそんなことが言える」

つまずかせないことが責任の取り方なら正しい反論です。
舗装路を歩かせたら責任は果たせそうですよね。
それでもつまずくことはあります。

親は、幾つまでそれを避けるよう手を引けるでしょう?
この世を去った後、あの世から手を差し伸べますか?

安鳩方プロは限界までチャレンジしました。
何度も転んで立ち上がって‥

私は、心から祝福とエールを贈ります。
安鳩方とご両親の今までのテニス人生とこれからの人生に。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事