宗太(小3)がラケットを機種変更しました。
ピュアアエロTTS-Ⅲ→CX200ツアーTTS-Ⅲです。

小3ではG2はまだ太いです。
そこは極薄レザーAC-127の出番です。
G1化には、ウレタン再成型はお薦めしません。

ウレタン再成型G1は種々の高いハードルがあるからです。

断然これです。
しかしこれ、重量管理が大変です。
重量のバラツキが半端じゃありません。

二本揃えとなると、パッケージ重量からの計算力が物を言います。
パッケージから何gダウンでG2が巻き上がるか?
それは、データの蓄積の賜物です。

宗太のラケットは無事、二本が揃いました。
①335.9g 309mm ○△□kg:㎠
②335.9g 309mm ○△□kg:㎠

この結果には、ラケットの元スペックの精査が欠かせません。
このラケットは、元スペックの見極めが大変です。
同じ使用感を得るのに、同じ3スペックの数値だけでは成し得ませんから。

ところで、小学生時代のある時期‥
よく飛ぶウェッジ形状より、しなって飛ばないボックス形状の方が合う時期があります。
中高生になってウェッジ形状に戻る可能性は別問題として。

宗太にとっては今でした。
そして一番そういう機種を選びました。
TennisTopia SPEC-Ⅲは、自分で納得して選びました。
機種もスペックも、私の評価と全く同じでした。







スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事