昨日、大阪ジュニアが終わりました。

英翔と宗太は、単予選を初戦敗退しました。
英翔は、そりゃないわってほど出来が悪かったです。
宗太は、良かったものの、実力以外の障害を跳ね返すには、結局実力を身につけなければならない反省を頂戴しました。

愛美は前記事が予告編だったように第一シードを引き当てました。
勝つチャンスはあったものの、負ける道を自ら一生懸命選んだように負けました。

今日から、関西Jr.全日本Jr.の無い地味な裏街道を歩き始めました。
遠くを眺めようとしても、見通せません。
コツコツとやっていくしかありません。




スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事