このピュアドライブ2018はTennisTopia SPEC-Ⅱ→Ⅲ化を承りました。
譲り受けた物だそうです。
張り上がりのそれはずしっと先重感がありました。

ひょっとしたらこれで手放した??
静的バランスは数値上はトップヘビーではないのですが。
運悪くレザーもバラツキの範囲で重めでした。
※通常重いレザーにすると先軽になりますがTennisTopia SPECは反対です。

この場合TennisTopia SPEC-Ⅲ化でトップライトになります。
結果、静的バランスは3mm下がりました。
しかし張り上げてみると、不快な先重感が残っています。

これでは労多くして益少なしです。
対策はあります。
張り上がりから調整できます。

レザーエンドのゴムバンドを外し、軽量レザーに巻き変えることで、約8g近く稼げる案件でした。
それでグリップ部の重力配分を変えました。
これで劇的に先重が改善されました。

実はゴムバンドだけでも効果があります。
2gもありますから。

このチューンナップをヒントに、ピュアドライブTennisTopia SPECのトップライト版をご提案することにします。


スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事