グリップ形状の各社の差が縮まっています。

特筆すべきは二社の変化です。
HEADがSタイプ化を進め、扁平型はプレステージのみとなりました。
Princeが扁平型をやめて久しいです。

簡単に言うと‥ 非WILSON型陣営は二社となりました
菱形的で太いYONEX。
菱形的なTecnifibre。

厳密に例を挙げると‥
DUNLOPでもケビンアンダーソンモデルは菱形的。
近年のWILSONはわずかに太くなった。
プロスタッフRF97系は更にわずかに太い。
BABOLATは少し太め。
BABOLATでもスキンフィーモデルは太めの程度が低い。
本革モデルは太さの個体差がある。
など。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事