プロスタッフRF97PU再成型仕様のTTS-Ⅲの本革仕様です。 ギリギリの成功例です。 鍵を握るのは次の三要素です。 ①元のFRP生地段階での重量と静的バランス。 ②元のグリップ内蔵ウェイトの位置。 ③PU再成型の発泡性。 ①と②は密接に関係していますがPUを解体してみないと判りません。 ③についても従来は時の運でした。 そこへ自力本願の道を開拓しました。 PUをスカスカにならずに硬度を高めることに成功しました。 特別な手法による成形方法を開拓しました。 しかし1gの攻防です。 常に作り出せるわけではありません。
スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事