クラッシュ98の試打用を準備しました。
私は当店で張った物しか信用できません。
しかし分単位に詰まった張り替えに追われてなかなか張れません。

なので店長レビューがどうしても遅れます。

今回は、試打用の当店定番ポリを45ポンドで張りました。
今回はとは、クラッシュ100はポリが硬くてマルチに即日張り替えました。
ポリにした理由は‥
・100はテンションが高過ぎたからだった
・ポリのリクエストも多いから

しかし、初日は最低でした。
しなりを感じなくて硬い!!
振動が不快!!
飛ばない!!

二日置くとこのラケットは評価がかなり変わります。
しなりも柔かさも感じます。
振動も気になりません。
思った通りに飛びます。

クラッシュは張り立てでの評価は禁物です。
言い換えれば、絶対試合の前日に張り替えてはならない。

クラッシュ100や100ツアーと98の打球感の差はわずかです。
テンションを調整したら全く同じ打球を得られるでしょう。
しかしスピン派には絶対98をお薦めします。

100はストリングの目の荒さが気になります。
張替えコストでかなり差がつくはずです。

応急TennisTopia SPEC-Ⅰ化版も試打しました。
真芯で捉えたら、あまり差を感じません。
しかし、先端ヒット時に突如、差が出現します。

吊るしは、先端ヒット時の失速が顕著で、振動が不快です。
TTS-Ⅰは、先端ヒット時も球伸びを感じます。
これはこのシリーズ共通です。
原因は無理に静的バランスを下げているからだとにらんでいます。

同じスウィングウェイトとなる3種類の加重方法を試しました。
3種類試した理由は、TTS-Ⅰの標準的加重方法ではイマイチだったからです。
CX200シリーズと同等の加重方法で、気持ちの良い球伸びを体感できました。

しかしこの加重方法は本来のTennisTopia SPECの姿ではありません。
グロメットが細いためグロメット下に加重が収まりません。
見映えを取るか、中身を取るかです。

 

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事