グラビティPROTTS-Ⅲ店長レビュー

グラビティPRO臨時TTS-Ⅲ版を打ちました。
臨時ながら、本番に極めて近い仕様です。
同じ数値となる加重を様々に検証しました。

見つけた加重方法で、球伸びが吊るしより顕著にUPしました。
(吊るしとは言えTTS-Ⅰに近いスペックですが)

吊るしでもスピンは楽に掛かります。
しかし合格点なんです。
リストワークでパンチしてやる必要を感じます。
それを怠った時『あっ 打ち込まれる』ってなります。

それがTTS-Ⅲ化で一変します。
一般的にスウィングウェイトを上げるとしなりが増える反面、弾きが減ります。
それが反対に「パチン」を感じるのは驚きでした。

これは、プレステージでは感じない感覚です。
プレステージのTTS-Ⅲ化は何度もトライしました。
しかしどう加重方法を工夫しても、しなりが増えてバタつくだけでした。

フレームに加えられた数々のテクノロジーが効いているのでしょう。
ならば、吊るしで使うのはますます勿体ないラケットです!!

しなり好きには、TTS-Ⅲの選択肢が増えて楽しみです。

CX200‥硬さが結構不満な吊るしが、TTS-Ⅲ化でしなやかさが究極に最適化。

CX200ツアー
柔らかいフレームはTTS-Ⅲ化でバタつくことが多いにも関わらず、不快な振動無くコントロール性良くパワーアップ。

クラッシュ100
TTS-Ⅲ化でしなりがターボ感覚に増幅。
最近リピート受注増化中。

プロスタッフRF97
ボックス形状TTS-Ⅲのベストセラー。
黒黒復活を受けて好評受注中。

G360ラジカルMP
今作は、オプション施工せずとも先軽TTS-Ⅲに仕上がりやすくなり、お薦め。

BX305
吊るしは硬さが結構不快なが、TTS-Ⅲ化で実にしなやかに大変身。

新ピュアストライクが当番間近。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事