大阪ジュニア冬季大会のELITEの記事その2です。
12/14はU13複,U11複,U11単がありました。

愛美(うみ中1)は13複で1勝しました。
同行していないため、本人からの報告だけです。
次も勝てたはずだという残念なBEST16とのことでした。
1-6敗北でそう言うのは、本人の意識の高さの表れでしょう。
しかし、一緒にダブルス指導を受けていない場合、限界は低いです。

英翔(ひでと小5)宗太(そうた小4)チームU11複で1R敗退でした。 
インフルエンザによる5日無練習あけの英翔は、想像をかなり下回る内容でした。
宗太が単で見せた「心」が発動しなかったのも、想像をかなり下回りました。

冬の大会はインフルエンザをかい潜るバクチです。
予防注射,歯磨き,うがい,R1を飲む‥
そんな人事は尽くしたとしても、天命だのみです。
大会前は一週間学校を休ませるという親がいたことを思い出します。

奈央(なお小3)はU11単1Rで上位シードに歯が立たずに負けました。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事