マイSX300ツアーTTS-Ⅲは+8kg:㎠

私のSX300ツアーTTS-Ⅲ+αは、結局は+8
kg:㎠で最高のパフォーマンスが得られました。
FRP一体成型ウェイトを摘出して不快な先重感は無くなったのですが、クロスにサイドアウトしやすく、ストロークの球伸びがイマイチで、ボレーが当てるだけでは飛ばなくなっておりました。
低静的バランスになり過ぎたせいです。

少しずつ+αを増やしていきましたが、予測以上に低静的バランス過ぎていました。
一気に8kg:㎠上げたところに答えがありました。ストリングによっては+10kg:㎠となります。
私の場合軽量なプラズマピュア118を使用しているので、+8kg:㎠が適正でも異例とは言えません。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる