TennisTopiaSpecの仕上がり後の打球テストを推進します

TennisTopiaSpecにはオプションとして仕上がり後(張上がり後)の打球テストがあります。
これはひっそりとお薦めしておりました。
しかし今後は積極的にお薦めします。

理由は‥
①ストリングの種類によって張上がり後のスウィングウェイトに著しいバラツキがある。
②①の対策として、スウィングウェイトは控えめにしている。
③②の対策により、機種よってはストリングとの組み合わせによっては打感や打球が良くない場合がある。
④①②③を踏まえて、スウィングウェイト微調整用ウェイトを同梱するようにした。
⑤0.4g程度の微加重で打感や打球が好転する場合が多いが、それだけでは不足な場合もある。
⑥そもそもお客様には本来のTennisTopiaSpecの打感や打球がどのようなものであるかを知らないのに、微調整の結果がベストか否かを評価しにくい。
⑦微調整にもノウハウがあり、当店にはそのノウハウがある。

お客様からすれば『打球テストと微調整をわずか550円でしてもらえる』は大きなメリットのはずです。
私共には手間なことですが、これは積極的にお薦めすべきことだと思うようになりました。

550円に含まれるのは、打球の確認と必要に応じてレッドテープをフレーム内側に貼り付けるスウィングウェイト微増調整です。
これは⑤にあるようにこれだけか、もう少しスウィングウェイトUPの済むケースが多いです。
それはTennisTopiaSpecは完成度が非常に高いためです。

しかし中には次のようなケースもあります。
a. グリップ加重を少し減らした方が良い。
b. スウィングウェイトを少し下げた方が良い。
c. グリップ部の本来摘出困難なウェイトの摘出を摘出した方が良い。

このような再調整も、打球テストの基本料金550円に追加するオプション料金を格安に設定する予定です。
テニストピアがコートとチューンナップ工房が徒歩30秒であるという好立地は、このサービスを実現するために使わなければならない責務を感じます。

打球テストに追加となるオプション候補は‥
a. レザーを外してウェイト調整
b. ストリングを切ってスウィングウェイトを下げて再度貼り直す
c. FRP一体成型ウェイト摘出と再加重

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる