リターンライダー

去年11月、原付二種でリターンライダーになりました。
今年11月、中型二輪に乗り換えました。
それを契約するためにホンダドリームに行ったのが大阪が緊急事態宣言真っ只中の5月でした。

ここからTennisTopiaSpecの話題に移動します。
接点は工賃です。

ホンダドリームの条件は‥
①ホンダドリームで買ったパーツしか取り付けしない。
②工賃は11,000円/1時間

TennisTopiaSpecの条件は‥
①テニトピアで買ったラケットしか承らまない。
②基本工賃は8,000円/3〜4時間

TennisTopiaSpecの工賃安いですねぇ!
私は当初この工賃を3〜4万円を検討しておりました。
一本の作業に丸2日掛かっていましたから。
今でこそ工房を整備し、手際も良くなったため、基本工程なら3時間まで縮まりましたが。

工賃を3〜4万円は、長男の鶴の一声でやめました。
「そんなに高かったら誰も買わない」
それに同感して基本料金を8,000円としました。

『その際他店ご購入ラケットはどうする?』が議題に上がりました。
私の意見は『3万円でも引き受けたくない』
それは受け入れのキャパシティ上、無理だったからです。

課題は『断るか、3万円と設定して需要の間口を狭めるか』でした。
3万円をぼったくりと言われたくないとの理由で、お断りする方を採用しました。
しかし3万円は普通で8,000円が異様に安いんですね!!

この度のバイク購入を通じて、私はTennisTopiaSpecがご提供しているサービスに自信を深めました。


この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる