4月8日の高石市テニストピアフェスティバルRED単の結果はコチラをご覧ください。

英翔(小4)と宗太(小3)はについて考察します。
ふたりは好結果でした。
それで万々歳?

いいえ!
二人ともに、ストロークのアウト傾向で苦しみました。
これは直前一週間続いていた症状です。

原因はYELLOWにあります。
大阪ジュニア,大阪サテライト,民間練習マッチとYELLOWが、直前に集中していました。
YELLOWの、何が悪い?

YELLOWは、言わば過保護の親です。
ストロークの面が上向いていても許してくれます。
サーブの厚いグリップを許してくれます。
ボレーの厚い当たりを許してくれます。

しかし、REDは許しません。
面が上に向いていたらすぐアウトです。
厚いグリップのサーブは、加減しないと入りません。
厚いグリップのボレーは、アウトかパスの餌食です。

REDは、私が子供の頃の、食卓での母に似ています。
『今治しておかなければならないのっ!』
悪い箸の持ち方をしている私の手に、母の手が飛びました。

YELLOWは、私が子供の頃の、食卓での父に似ています。
『ええやないか! 飯の時くらい!』
『楽しく食べれたら!』

私は心の中で、父にエールを送っていました。
しかし今となっては、私は母に感謝しています。
よくぞ厳しく育ててくれたと。

REDは、REDという特殊ワールドのために必要?
いいえ! REDでの実力が真の実力です。
私は、YELLOWでの問題点をREDで治します。

今回、REDはもう一つの良き親を演じてくれました。
英翔は、好きなネットに積極的に出ました。
アウトしがちなストロークに依存せずに。
U10男子決勝では、前大会同様、宗太を一蹴しました。

U10男女混成A級決勝では、宗太は強力なフラットサーブと積極的なネットを展開しました。
英翔は、アウトしがちなストロークでのレシーブやパスを強いられ、宗太は雪辱を果たしました。

ロービングに多忙な私は一切助言を与えていません。
ふたりは、自分で考え、戦いました。
ふたりは、別々の教訓でネットの重要性を学びました。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事