萌百子がラケットを変えます。
グラフィンタッチ360スピードPROTTS-Ⅱに。

最近の遍歴は‥
旧ピュアドライブツアーSPEC-Ⅲ
新ピュアストライク18×20SPEC-Ⅲ

前回、スピン性能を求めてピュアストライクに行きました。
当時、私はそれは横道じゃないかと思っていました。
今回、それを確信させる試打内容です。

萌百子のプレイスタイルはシャープな打球感が向いています。
しかしピュアドライブでは飛び過ぎの心配が出ていました。
それなら、スピードは最適のはずでした。

しかし。
前回の機種変更時、スピードには食指は動きませんでした。
今回の機種変更に際し、前作スピードも比較検討しました。
お買得になっていますから当然!
ちゃんと試打用をSPEC-Ⅱ化しましたが、イマイチでした。

今作のスピードは、SPEC-Ⅱがいけてます。
SPEC-ⅡにしてSPEC-Ⅲ的要素を持ち合わせています。
その主旨の店長レビューは、先月書いています。

吊るしでは、新旧に差を感じませんでした。
スペックUPすると、弾きや振動が新旧でかなり違います!
もちろん同じ数値ですが。

グラフィンタッチ360とTTS-Ⅱの相性が良かったのでしょうね。
360と言っても、上下左右4点に配置されただけですが。

私の感じたことは、萌百子にはちゃんと判るのです!
私の記事の影響を受ける子ではありません。
イマイチなものははっきりダメと言う子ですから。

TTS-Ⅲ化してみた物も試しました。
私と同様に、NGでした。

SPEC-Ⅲの熱烈ファンの萌百子でしたが‥
今回はグラフィンタッチ360スピードPRO TTS-Ⅱです。
何度も試打して、購入を決めました。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事