MENU
テニストピアSPECを本数限定で特価販売中

【ショップ】ピュアストライクVSツアー TTS-Ⅲ化-2

2018 8/17

ウレタン再成型は3日前に終えていました。
張り上げに待たされて、昨日打ちました。

随分トップライトになりました。
私はトップライトと言う表現はあまり使いません。
トップが軽いのではなく、グリップが重いのですから。

しかし、これは明らかにトップライトです。
持ち感, 振り感ともに、めちゃくちゃ軽くなりました。

球伸びが一段と良くなりました。
深く深く入ります。

やはり同じBOX形状のSPEC-Ⅲでも違います。
球離れの良いRF97とは。

一瞬遅れて飛び出す感覚は、純血BOX形状です。
こういうのが好きな方、いらっしゃいます。

プロスタッフ97SやCX2.0よりホールド感があります。
SPEC-Ⅲではないこの二機種との比較は変ですが。
この二機種がSPEC-Ⅲしにくい意味で、ライバルです。

しかし、このピュアストライクにはまだ課題が!
かなり低静的バランスなのに、まだ重いです。

低くなり過ぎるのを懸念して本革にしましたが‥
シンセティックにして更にエンド加重してみたいです。

『静的バランスは、数値でなく位置だ』
※位置とはグリップ内臓ウェイトの位置

それを熟知している私ですが、これは意外です。
軽過ぎを懸念した、ウェイトの位置と量なのにです。

つづく。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

-重たいのに重く感じない振り心地-

競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けている"テニストピアSPECラケット"

この記事を書いた人

代表のアバター 代表 テニストピア

ジュニア指導者とチューンナップ職人の二足のワラジを履く者です。

このブログは相乗効果でそれぞれの道を極めてきた道標です。

目次
閉じる