【ショップ】ピュアストライクVSツアーTTS-Ⅲ化-3

昨夜は、萌百子のとは対極のラケットも同時に評価していました。
レッスン頭初のラリー中に、確かめました。

ピュアストライクVSツアーTTS-Ⅲです。
静的バランスを下げるために、本革からスキンフィールに巻き換えました。
※普通は本革化で静的バランスが下がります。
※TennisTopia SPECは重量固定のため、シンセティック化と共にグリップに加重します。

数値にして、わずか1mmの変化です。
しかし、振り感が随分軽くなりました。

それより、打球感の改善がもたらされました。
ここまで静的バランスを下げても良いものかと危惧しましたが。
振動が減ってクリアな当たりです。
球伸び感が一段とアップしました。

プロスタッフRF97は、ここまで静的バランスを下げると、ヘッドが死にます。
ピュアストライクVSツアーは、低静的バランス向きかも知れません。

これは加工が大変ですが、提供は責務のようです。
私の好きな「スパイダーマン2」と「白い巨塔」のフレーズが浮かびます。
『優れた能力は個人の特権ではなく、人類発展のために行使する責務を負っている』

そんな思いでいたら、早速注文が入りました。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事