ウルトラツアー95CVTennisTopia SPEC-Ⅲのお客様レビューをご紹介します。
ご本人の承諾のうえ、引用させて頂きます。

《以下引用》
大晦日と元旦にテニストピアスペックで購入したultra 95cvでテニスしたら前回以上に自分にフィットしてプレーのレベルが格段に上がり、打てるボールの質も上がり非常に満足しています。すぐには無理ですが、2本目を買えるようラケット貯金ができたら、2本目も購入を検討しています。テニストピアスペックのラケットをまた購入して良かったです。ありがとうございました。
《以上引用》

このお客様のラケットは、フゥイス上部に少しレッドテープを貼ってお渡ししました。
当店併設スクールのジュニアで好結果が得られたからです。

当初は、その旨をお伝えして同意を得ていました。
よって完全に仕込む予定でした。

しかしフェアウェイレザーが、前回のバーン95CVの時より重かったため、先重感強い仕上りになりそうでした。
(通常は重いレザーに巻き替えると先軽になりますがTennisTopia SPECは逆になります)

なので内臓は見送り、+αは取り外せる加重としました。
レッドテープ付きで良かったのか、お尋ねしました。
ご本人の承諾のうえ、お返事も引用させて頂きます。

《以下引用》
レッドテープ付きの状態も丁寧にほどこされていて非常に満足しております。レッドテープのおかげで非常にラケットが振りやすくなってラケットの操作性が上がりラケット面が手のひらの感覚と同じになりました。過去最高のラケットに巡り会えて大変嬉しくてテニスが更に楽しくなりました。試合にも出場したりするのでもう一本欲しいと思いますね。
《以上引用》

疑問に思いませんか?
レッドテープをフエィスに加えたら操作性が落ち、振りにくくなると思いませんか?

いいえ!
TennisTopia SPECは違うのです。
こういうケースは、しばしば起こります。

特にロングは‥
ロング故にスウィングウェイトが高いです。
よってフェイス加重の効果が不足する懸念があります。
しかしフエィス加重がグニャグニャ感を高める懸念があります。

なのでロングも通常基準の数値で仕上げております。
しかしウルトラツアーやバーン95は0.25inch長いだけ。
更にグニャグニャ感の出にくい硬いフレームです。

今後のウルトラツアー95CVTennisTopia SPEC-Ⅲについては、スウィングウェイトUP版をお薦めしたいです。
TennisTopia SPEC-Ⅲ+αを仮称にしておきます。

既に通常スペックのウルトラツアー95CVまたはバーン95CV,バーン95のTTS-Ⅲお買上げの方は、レッドテープ加重をお試しください。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事