CX200ツアー18×20TennisTopia SPEC-Ⅲのお客様レビューが届きました。
ご本人の承諾のうえ、引用させて頂きます。

《以下引用》
遅くなりましたが、年末はCX200ケビンTTS-Ⅲの納品ありがとうございました。
ようやく年始に15分程度打つことができただけですが、僅かな時間でも本当に色々なことに気付かされるラケットでした。まずはスライスを1発打って感じたのが、「活きた球」を打てるラケットであること。
多くの方が伸びに対する驚きのレビューを書かれていますが、私は逆に300gチョイのラケットを使って伸びのないスライスしか打てないのは最近の自分が下手になっているせいと思っていたので、活きた球を打てている打感を感じた時にある意味ホッとしました。
一方でフォアを打った際には最初抑えが効かなかったのですが、これは明らかに自分が手打ちになっていることを教えてくれました。(下半身の体重移動とボディーターンを意識したらちゃんと収まりました)
これらは正に増田代表の仰っていることそのままで、それを実感できる本当にいいラケットに仕上がっていると思いました。
ちなみに・・・40半ばを過ぎて鈍っている身体には若干キツい部分もあって不届きながらラクしたい時は16×19のTTS-Ⅱもいいかなと思っていますので、その際にはまた宜しくお願いします。
《以上引用》

私はこの機種の正規TTS-Ⅲを打っていません。
打ったのは臨時TTS-Ⅲ化した物だけです。
正規と臨時の差はウェイト移設の有無です。

臨時より振り感も打球感も良いに決まってます。
どれほど良いのか、羨ましい限りです。

私は年始、CX200ツアー16×19TTS-Ⅱを打ちました。
これは、二本ご購入のお客様の分の一本でした。
FRP一体成型のウェイトの位置に差があったため、同じスペックに揃わなかったので試打用に下ろした物です。

納得の伸び感がありました。
TennisTopia SPEC-Ⅱ故の取り回しの良さもあります。
しかし感動未満なのは、自分がTTS-Ⅲファンだから??

買い替え検討中の小4男子に試させました。
ピュアドライブTTS-Ⅲ愛用者です。
合格点の打球を見せましたが、彼もそこまででした。

翌日それを臨時TTS-Ⅲ化しました。
この場合の臨時は正規に限りなく近い仕上がりです。

一球打った瞬間、“コレいい!”が急襲!
SPEC-ⅡとⅢには魅力に大差がありました。

小4男子にも打たせました。
見違えるように打球が深くなりました。
スピンはベースライン付近でストンと落ちる理想形でした。

TTS-Ⅱと比べたら持ち感は重いです。
しかし振り感は重くなく実に適度です。
柔らかい打感と相まって腕の一部になった感覚です。

プロスタッフRF97TTS-Ⅲに並ぶ名品になる予感がします。
しかしTTS-Ⅲ化に相応しい個体が僅少です。
次期入荷分をたくさん手配しなければ!

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事