2013/09/01 10:31

大阪サマーJr.のテニストピアのトリを担った鈴蘭は SF5-8と、三位に終わりました。
ひざに痛みが出た一週間前ならもっと悲惨だったはずですが、雨天順延が少し救ってくれました。

優勝という思い出が欲しかったお母さんには1-4から5-5に追いつきながらの敗戦は残念でしょう。
私には、コーチ本人共に手応えの確認ができたことが収穫でした。

右ひざとは、右利きテニス選手に珍しい側の痛みです。
鈴蘭の場合、打球自体としても問題があるところの、フォアオープンスタンスの右足の踏ん張り方が原因と推察しています。
更にクローズスタンスの片手バック時の踏ん張り方も副因のはずです。

ハムストリングを活用した曲げ方と ストレッチが解決してくれるはずです。
明日からオンコートでフォームと共に治して行きます。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事