併設スクールの生徒小5のGTラジカルMPTTS-Ⅲフルキャップ版を元グロメット化しました。

この写真を見て、アレっと思った方はラジカル通です。

この持ち主は、よく先端でフレームショットします。
そのため、角切れをよく起こしました。
極細ポリならあり得ます。

で、その対策をしてあります。
上一本多いでしょ!
この一本で、随分切れにくくなります。
これはフルキャップ時代からそうしてきました。

しかし先端の面圧が高くなります。
先端ヒット時に失速やネットを招きました。

その対策は色々講じてきました。

ストリングやテンションを変えてみました。
グリップ内臓ウェイトの位置を少し上に移動しました。
先端ヒットを減らす指導をしてきました。

一定の効果がありました。
しかし、英断しました。
フルキャップから元グロメットへの換装です。

こうしてTTS-Ⅲのスウィングウェイトと重量を同じにすると何が起こるでしょう?

フェイス加重がトップ寄りになります。
→先端ヒット時によく飛ばしてくれます。
グリップ加重を増やせます。
→先重感を軽減できます。

不安はありました。
後者が前者の効果を食ってしまう可能性がありました。

仕上がり予測の数値は不安を膨らませました。
ラジカルでは驚異的未知数の304mmですから。

しかし、仕上げて打ってみると不安は一蹴されました。
めちゃくちゃ良くなりました。

こんなに良いならこれを標準として売り出しましょう。
価格も安いですし。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事