育成コース生のELITEとELITE-Ⅱの戦績を集合掲載します。

11/23、大阪府トレセン公認RED大阪女学院大会で、楽(小2)が再び総合優勝し、会(年長)が4位リーグで準優勝しました。
この兄弟は自信家です。
表彰状を集めれば集めるほど自信は膨らみます。
それは、個人レッスンで磨く技と手を組むと大きな武器となります。

11/30、大阪ジュニア冬季大会で愛美(中1)がU13予選決勝で惨敗しました。
愛美は「技」が急成長していますが「心」がそれについて行けていません。
相手を大きく見てしまったようです。
実力の封印度が半端無い試合でした。

同じ日、楽は大阪ジュニア冬季大会予選で早速一勝を上げました。
対戦相手にもよりますが、大したものです。

12月1日、英翔(小5)宗太(小4)が大阪ジュニア冬季大会U11予選を戦いました。

英翔は1Rを緊張してメロメロで戦い、私に激しく劇を飛ばされました。
2Rは、1Rを下げ過ぎた反動は大きく、ヘタレのまま2-5まで行きましたが、タイブレイクを攻撃的に締めくくりました。
その流れに乗って、決勝は活き活きと戦い、優勝しました。

宗太は1Rの英翔を反面教師として、元気一杯戦いました。
過去の宗太の「心」では2Rのシードは破れなかったでしょう。
大躍進の「心」でそれを勝ち、決勝に進みました。
しかし準決勝を勝てた喜びに、反省が上の空だったようです。
チャンスはあったものの、授けた私のアドバイスをすっかり忘れて、それが大ブレーキとなり負けました。

今回、「心」がここまでの振れ幅で、パフォーマンスを変えるのかと思い知らされました。

愛美はまたもや、失敗体験で教訓をもらいました。
この子は一つの成功を機に大ブレイクするのは確かなのですが。
英翔は、同じ日にほぼ失敗と成功を対照的に積むことができました。
宗太も、順番が逆でしたが両方積むことができました。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事