昨日は珍しくチュンナップ待ちを一掃しました。
なので懸案の試打用のSPEC-Ⅲ化に取り組みました。
ピュアストライクVSツアーです。

FRP一体成型ウェイトが立ちはだかることは解っていました。
しかしプロスタッフRF97も魅力的にしたんだから‥
これもなんとかしたいと思っていました。

50%はウェイトを除去しました。
そこまででも、破壊すれすれの危ない橋を渡りました。
推定静的バランスは310mmと出ました。

これならまずまずかと仕上げました。
そして、いそいそとコートへ。

ダメです!
『重いのに軽く感じる』がありません。
感覚的には静的バランス325mmです。

打ってみたら、まあまあの飛びでした。
TennisTopia SPEC-Ⅲはまあまあではダメです。
何がしかの感動がなくてはなりません。

長男にも打たせたら、まあまあだと。
そして、グリップ上部に重さを感じるとのことでした。

で、本日定休日に全摘実験です。
昨夜は、手術の手順が寝床で去来していました。

好きなんですね!
チューンナップが。
壁を乗り越えるのが。

しかし!
“これはお客様には提供したくないなぁ”
“もし打球感めちゃ良かったらどうしよう”

結局、一時間で全摘に成功しました。
スキルが上がったものだと自分でも感心します。
時給にしたら、提供可能です。

“あぁあ!”
この作業は趣味としてなら楽しいけれど‥
仕事としては承りたくないな、という思いです。

あとは補強とウレタン再成型です。
そして。
あとは打球感です。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事