フォーティーオール撲滅運動

ノーアドの3ポイントオールはデュースです。
決してフォーティーオールとは言いません。

フォーティーオールは1997〜1998年の2年間だけ採用された言葉です。
フォーティーオールは20年も昔に死んだはずでした。
なのになぜ、フォーティーオールがまだ世にはびこっているのでしよう?

ウイルスを撒き散らかしている者がいるからです。
①不勉強なレフェリー
②不勉強なコーチ
③フェイク情報発信サイト

前回のフォーティーオール撲滅記事はオブラートに包みました。しかし大阪Jr.サテライトに同行して、開会時のあからさまな間違い説明に接して、オブラートを外すことにしました。

ただし『コーチを信じないで!』とは申しません。
コーチの面目を潰したくないですから。
『コーチを信じる項目からテニスルールだけ外してください。』と申し上げます。

昔は日本テニス協会の公認指導員は公認審判員と兼ねていました。
私が最初に取得した公認指導員資格もそうでした。
しかし分離されて久しいです。

その分離の引き金と言われている事件があります。
私も審判に駆り出された国内メジャー大会での出来事でした。

タイブレイクに入ったのに審判は『15-0』だったか『0-15』
そこで選手は『タイブレイクですよ!』
すると審判は『タイブレイクって何ですか?』

ルール不勉強なコーチは昔からいたわけです。
しかしコーチはコーチ業で忙しくてルール講習会にも出席しにくいから致し方ありません。

分離はあるべき姿だったと思います。

私のように指導者と審判員の両資格保持者は少数派です。
私の場合、地元連盟のルール責任者として必要だったからです。
しかし公認審判員資格空白時代も、ルール講習会は皆勤でした。
テニスに関する真実をできる限り追究をしたい人でしたから。

セルフジャッジで、『ディサイディングポイント レシーバーズチョイス』まで付ける必要は無いでしょう。
『デュース どっちにしますか?』で成り立ちます。

しかしもう一度言っておきます。
ノーアドはアドバンテージが無いだけです!
ノーデュースではありません!

フォーティーオール撲滅運動にご協力ください。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事