img_1314
12月5日、清風学園新校舎落成記念式典に勇,イオリと三人で出席しました。

勇は父で、清風高校二期生です。
合同同窓会“宕峯会”を有志とともに立ち上げ、二代目会長を務め上げました。

イオリはワイフの弟で、滋賀県湖北の石彫家、近持イオリです。
写真の“石の黒板”の製作を仰せつかりました。
浜寺テニスモニュメントの石彫の作者でもあります。

img_1312 永遠に引き継がれるであろう、宕峯先生の教えが刻み込まれれています。イオリ:左

img_0990 見学会案内図です。“石の黒板”設置場所:右下

img_1303 惚れ惚れする体操器具のあれこれです。

img_1308

img_1309新校舎屋上に真新しいテニスコート二面です。

という私は、姉妹校の清風南海卒業につき、清風には直接関係していません。
なのになぜ、招待されたのでしょう?

私が、清風高校卒業生の子供で清風南海高校入学の第一号だったから?
イオリの作品が評価されたため、彼を推挙した父の息子として?

いずれにしろ、卒業生に優しい清風学園です。
イオリも私も、その温かい手で包まれたことは間違いないはずです。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事