くみなみvs萌百子のU17単QF7-7からの続きはあっけなく終わりました。
ラブゲーム×2で萌百子が勝ちました。

みなみは前日の試合で、足裏の皮むけと筋肉痛でエエとこ無しでした。
その後のダブルス本戦もみなみは大ブレーキでした。
実力の底力でQFまでは進出しましたが‥

QFは0-8でした。
こう書くと完敗のようですね。
罵声を覚悟で、負け惜しみを書きます。

確かに第1ゲームを観た私は、完敗の慰めを用意しました。
しかし第2ゲーム以降、その言葉を捨てました。
ゲームチャンスを何度も掴みました。

しかしその都度、大馬鹿やろうのエラーの嵐!
そのエラー、因果関係が明白です。
まるで、普段の練習の再現フィルムです。

直前の一夜漬けレッスンが効きました。
その結果の「上手いやん!」もありました。
それを実現できる能力は私も評価します。

しかし、それは決して本物ではありません。
たぶん、試合会場で私と本人だけ、痛感しました。
普段のレッスンの構造的問題を!

はてさて、春の大阪Jr.までにそれを打破できるでしょうか?
答えはYES!のはずです。
深刻な怪我をしているわけではないのですから。

この写真。
サバサバした完敗の気分の顔でないことは喜ぶべきです。
腹立たしく悔しい思いは、喜ぶべきだと三人で一致しました。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事