関西ジュニアが終わった昨日。
たまっていたチューンナップ4本に取り掛かりました。

CX2.0ツアー18×20TTS-IIIver2を気に入って頂いた方の、先にご購入の吊しの同スペック化。
TTS-IIIを使うと、吊しが頼りなくなったそうです。
チューンナップ完了しました。

VコアツアーGのHG本革仕様お使いの方の、特価になってお買上げ非HGのHG化。
重さはTTS-III並みですが、動的バランス(swing weight)が低いです。
こんなにグリップヘビーで良いのでしょうか??
グロメット待ちで、半完了しました。

ハリアープロ100XRの27.25inch化。
当店のロング化はちゃんとゴミ排出ルートを確保します。
その独自に考案した技法と、実現テクニックに、作業しながら自分に惚れ込みます。
後は本日、ウレタン再成型です。

安鳩方選手から、ピュアドライブTTS-IIIver.2の使用感が届きました。

『ストロークは、以前なら打ち負けそうになっていたボールも、力を入れずに軽く深く返せるようになりました。サーブもパワーアップし、安定感が増したと思います。』

トルコは大会がキャンセルとなったそうです。
テニストピアSPEC-IIIver.2のアシストシーンはどの大会になるでしょう。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事