大阪Jr.冬季大会U17女単SFに進出した萌百子は、三位でした。

私は埼玉国際Jr.WC選手権出場の駆に同行していたため、内容は把握していません。
聞くところによると、ブレイク合戦の末の6-8惜敗とのことです。

サービスキープ力の低さゆえに磨いてきたレシーブからの攻撃力が光ったようです。
「玉磨かざれば光なし」は母校東羽衣小学校にあった碑の言葉です。
要はサーブの磨き方が足りないわけです。

サーブ指導を最も得意としてるコーチのもとで、何を低迷していることやら!
って、こういう子のサーブを向上させてこその指導力ですよね!

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事