image

バーンFST95スペックアップの客様からレビューメールが届きました。
ご本人に承諾のうえ、引用させて頂きます。

《以下引用》
結論から言うと素晴らしいです。
持った当初は重さを感じましたが、振ると違和感ありません。バランスが良いせいか剛性感も感じられます。当初は、若干バックハンドの振り遅れがありましたが、二時間ほどで慣れました。今は剛性感による安心感が増しおり、良い感じです。
とにかくフレームの剛性感が凄いです。どれだけ叩いても全然ぶれません。自分から打ち込む時はもちろん、相手のかなり球威のある球を強打しても全くぶれません。これには驚きました。嫌な振動もなく、球のノリが桁違いに良くなっており、以前よりコントロールし易くなりました。球威も伸びも上がってます。打感も柔らかくなり、肘にもきません。ボレーも同様です。サーブはフラット、スピン共に以前より打ちやすくなり、球威も確立も上がりました。
全体的に、力まなくても納得できる球が打てます。今まで力やスイングスピードで対応していた部分が少なくなり、確実性や体力的にもメリットが出たように思います。
しばらくこの設定で使ってみます。更に慣れてくるにしたがって、もし+αの要望が出てきたときは、相談にのってください。
《以上引用》

このお客様からは、元スペックのままの2本揃えでも、高い評価を頂戴していました。
よって、今回のチューンナップには高いプレッシャーがありました。
通常のテニストピアSPEC化の基準も技法も適用できないことが、追い討ちとなりました。

プレッシャーはより良い結果を導く原動力です。
お陰様で、バーンFST95専用規格TTS-Ⅱを確立できたと思います。
お陰様で、非ウレタングリップの加重技法を確立できたと思います。

このラケットは、吊るしのままでも、かなりいけるラケットです。
「アンチウェッジシェイプ派=ボックス形状」の固定概念を覆されるラケットです。
※「パチンと弾くのが嫌いな方には長方形断面が良い」では決してないという意味。

ボックスでないのに、しなる。
しなるのに、ねじれない。
ねじれないのに、硬くない。

もっと売れて良いラケットです。
吊るしで硬いと感じた方も、ぜひチューンナップで購入をご検討ください。

スポンサーリンク
ノーマルとは異次元の打ち心地 テニストピアSPECラケット

こんなお悩みはありませんか?

  • ・球に勢いがない
  • ・本番に弱い
  • ・ナーバスになると全然振れなくなってしまう
  • ・相手のボールに撃ち負けてしまう

これらの悩みはお使いのラケットに問題があるかもしれません。

重たいのに重く感じない振り心地
競技者はもちろん、一般テニス愛好家にまで絶大なる支持を受けているテニストピアSPECラケット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事